品質方針・環境信条

品質方針

日本エマソン株式会社 ブランソン事業本部は、下記の品質方針を制定し、全員参加の全社活動として方針達成のために邁進する。

  • 顧客の期待とニーズを常に把握し、顧客の要求に迅速、的確に対応して、顧客が満足できる品質の製品、サービスをタイムリーに提案し、また提供し続ける。
  • 品質マニュアルに定める品質マネジメントシステムを活用し、マネジメントレビュー等で活動の達成度を定期的に把握し、システムの有効性を継続的に改善する。
  • 失敗やクレームを含む不良の原因を徹底的に分析し、失敗や不良から学んだシステム、環境を構築することによって問題の再発防止と未然防止を徹底する。そのために、顧客や社内次工程の苦情、意見を無駄にせず、負の情報、悪い情報こそ大切によどみなく報告し、分析し、積極的に改革、改善に活用する。
  • データによる分析、表現を基本として、あらゆるプロセスと業務の場面でスピーディーに PDCA のサイクルを回す。
  • 業務に必要な能力を明確にし、人の育成に努め、社員の成長を目指す。
  • 製品安全性確保、関連法規への適合等の社会的要求へ対応する。

品質目標は、上記 6 つの品質方針と整合し、達成可能で具体的な目標として組織全体に展開され、レビューされる。

ページの先頭へ戻る

環境信条

  • エマソン社は、すべての企業は環境に対する責任を負うという信念に基づく企業経営を行っています。この信念は、容認できない環境リスクを生じさせない当社の献身な姿勢として現れています。当社の経営にとって不可欠なこのコミットメントは、当社の株主および社員、そして当社の事業基盤である地域社会に利益をもたらしています。
  • 当社では、適用法規の遵守にとどまらず、有害廃棄物については根源からの削減とリサイクルによる削減・壊滅を基本方針としています。すべての廃棄物は責任をもって安全な方法で取り扱い、処分します。
  • 当社では、安全な技術、施設、運用手順を用い、非常事態に備えることで、社員およびまわりの地域社会に対する環境、健康、安全面のリスクを最小に抑えます。これらのリスクに対して適切な措置を講じることができるように、社員にはリスクに対する注意を怠ることなく、これに気づいた場合は直ちに報告するように指導しています。
  • また、エネルギーの節約に努めるとともに、当社が生産する製品および社員業務の効率向上にも心がけています。
  • 当社の環境保護方針の実施における第一責任者である各部門長は、企業環境対策本部からの支援のもとに、この対策を実施します。
  • 当社では毎年、会社施設(特に製造部門)の環境対策マネージャーのためのトレーニングを実施し、適用法規の変更点、汚染防止や廃棄物削減の方法、新しい技術について学びます。
  • 当社では、この方針が業務運営において遵守されているかどうかを定期的に監査します。
  • 当社の倫理・環境方針委員会は、会社の追及している政策がその環境保護方針・原則の宣言に沿うものであるかどうかを監視し、定期的に取締役会公的方針委員会にその結果を報告します。
  • 当社は、将来を見すえた環境対策および天然資源の有効利用を支援するための自主的な廃棄物削減および省エネルギー計画を推進する政府機関との協力体制作りにも真剣に取り組んでいます。当社の経営陣は、潜在的な環境責任問題を減らすことにより株主の投資を保護するとともに、製造業務の改善による廃棄物の産出量削減、およびそれによるコスト削減に努めます。
ページの先頭へ戻る

日本エマソン株式会社ブランソン事業本部
〒 243-0021 神奈川県厚木市岡田 4-3-14
TEL 046-228-2881 FAX 046-228-8992

Copyright© Branson Ultrasonics, Emerson Japan, Ltd. All rights reserved.